MENU

バンビシャス奈良

BAMBITIOUS NARA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 試合結果 バンビシャス奈良 58-96 福島ファイヤーボンズ

試合結果 バンビシャス奈良 58-96 福島ファイヤーボンズ


 バンビシャス奈良は、今季最終戦をアウェー田村市総合体育館で、福島ファイヤーボンズと戦いました。

 奈良のスターティング5は、#0 横江豊選手、#3 藤髙宗一郎選手、#29 中澤海斗選手、#44 グレッグ・マンガーノ選手、#88 木村啓太郎選手。

 試合は、中澤選手のスティールから木村選手の3Pシュートで奈良が先制して始まります。その後は堀田剛司HCが警戒する福島の外国籍選手に得点を重ねられ、福島に先行されます。奈良もマンガーノ選手がブロックをみせたり、横江選手と中澤選手がアウトオブバウンズになりそうなボールをキープするなどして、福島を追いかけます。しかし、途中2本のターンオーバーからの失点で、流れが福島に。それでも、藤髙選手のオフェンスリバウンドから#24 鈴木大選手の飛び込みにつなげたり、#9 板橋真平選手がロングリバウンドを弾いたボールをマンガーノ選手がスリーポイントを決めるなど、必死に食らいついていき、15-28で1Qを終えました。

 2Q、奈良は2-3ゾーンを主体に守ります。序盤は福島に得点を重ねられ、最大15点のビハインドとなります。しかし、徐々にゾーンディフェンスが効果を発揮していきます。福島のフィールドゴールパーセンテージを40%以下に抑え、ディフェンスリバウンドを確保します。オフェンスでは、マンガーノ選手が10得点、木村選手も7得点と得点面をリード。そして、ここ数試合積極性を増しているキャプテン藤髙選手が、横江選手のアシストから、この試合もワンハンドダンクを叩き込みます。34-43と一桁得点差に追い上げハーフタイムとなりました。

 2Q後半のいい流れを継続したい奈良でしたが、後半開始早々福島に3Pシュートを2本決められ、続くターンオーバーで8失点したところで、後半最初のタイムアウトをとります。しかし、流れは変わらず、途中もう一度タイムアウトをはさみながら、残り3分20秒のところでマンガーノ選手がスリーポイントを決めるまで、20点のランを福島に許してしまいました。それでも、この試合で引退となる#23 種市幸祐選手が3Pシュートと、クォーター最後にブザービーターのタップシュートを決め、自らの引退試合でチームを盛り上げます。42-73で最終クォーターとなりました。

 4Q、流れは福島のものとなってしまいましたが、種市選手がフル出場で躍動します。藤髙選手のパスからバックドアを成功させたかと思えば、得意のスリーポイントを再び決めます。自身最終戦で、12得点とチーム2番目の得点をあげました。また、終盤投入された#11 高岡圭汰朗選手は、およそ3分の出場時間で7得点と、力の片鱗を見せてくれました。バンビシャス奈良の今季最終戦は58-96で敗戦となりました。

 試合後は、奈良のチームに加えて、福島の選手、チームスタッフの皆さんも一緒に種市選手を胴上げしていただきました。また、奈良ブースターの皆さんはもちろん、福島ブースターの皆さんにも、温かく種市選手を送り出していただきました。本当にありがとうございました。

 奈良の2021-22シーズン成績は6試合が消滅し、全54試合を9勝45敗、B2西地区7位となりました。今季も熱くブーストしていだき、ありがとうございました。

堀田HCコメント
 今期最後の試合で、シーズン当初からの課題がすべて出てしまったなと思います。トランジションディフェンスが悪く速攻を出されてしまう、ターンオーバーからの失点が多いなど。外国籍選手が1人ということもあって、オフェンスでも有利なところが少なく、難しい試合でした。
 種市選手は今日で引退ですが、最後もいい働きをしてくれました。彼は素晴らしい人間性を持っていて、気遣いもできる、チームファーストの選手でした。お疲れさまという気持ちと、感謝の気持ちでいっぱいです。
 今季は奈良にとって厳しいシーズンでしたが、ミーティングで選手たちには、今季戦ったことを無駄にしないでほしい、長いバスケ人生の中でこの経験を活かしてもらいたいと伝えました。チームが来季どうなるかわかりませんが、上を目指すチームになりたいなと思っています。

試合結果
バンビシャス奈良 58-96 福島ファイヤーボンズ
1Q 15-28
2Q 19-15
3Q   8-30
4Q 16-23

スターティングメンバー
#0 横江豊
#3 藤髙宗一郎
#29 中澤海斗
#44 グレッグ・マンガーノ
#88 木村啓太郎

スコア上位
#44 グレッグ・マンガーノ 19点
#23 種市幸祐 12点
#88 木村啓太郎 10点

リバウンド上位
#23 種市幸祐 9本
#44 グレッグ・マンガーノ 9本

アシスト上位
#0 横江豊 5本
#3 藤髙宗一郎 4本

オフィシャルパートナー

トップパートナー

  • ロート製薬

ダイヤモンドパートナー

  • 大和ハウス

プラチナパートナー

  • 株式会社アクラム
  • 株式会社宏和化成工業所
  • 栄運輸工業株式会社
  • 奈良自動車学校
  • 株式会社丸産業
  • 株式会社Real Style

ゴールドパートナー

  • トータルカーサービス キープラフ
  • 医療法人和幸会 阪奈中央病院
  • 株式会社明新社

シルバーパートナー

  • 税理士法人あおば
  • アスカ美装株式会社
  • 株式会社イベント・トゥエンティ・ワン
  • 上柿鉄工建設株式会社
  • 株式会社AKGコーポレーション
  • 株式会社	エヌ・アイ・プランニング
  • 株式会社柿の葉すし本舗たなか
  • 株式会社鍜治田工務店
  • 共伸株式会社
  • キリンビバレッジ株式会社
  • 三和澱粉工業株式会社
  • スケーター株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 大光宣伝株式会社
  • チアポン(株式会社ハッピークラフト)
  • 医療法人冨森会 冨森歯科医院
  • 奈良OAシステム株式会社
  • 奈良県
  • 奈良市
  • 奈良信用金庫
  • 奈良中央信用金庫
  • 奈良中央三菱自動車販売株式会社
  • 株式会社奈良木建
  • 西鉄旅行株式会社
  • 株式会社はじまり屋
  • はらい鍼灸整骨院
  • 株式会社PR TIMES
  • ヒューマンヘリテージ株式会社
  • 株式会社ヒラノテクシード
  • 株式会社ブルーオーキッドコンサルティング
  • 株式会社ホットスタッフ奈良
  • 大和信用金庫
  • 株式会社大和農園
  • 株式会社ヨシケイライブリー

パートナー

  • 朝日温泉(有限会社朝日温泉)
  • 旭製粉株式会社
  • 株式会社AYUMO
  • イーグル・クランプ株式会社
  • 梅乃宿酒造株式会社
  • エニタイムフィットネス(株式会社Fast Fitness Japan)
  • エンドライン株式会社
  • 株式会社奥村組
  • 株式会社オータム・カンパニー
  • 革遊び HARUHINO
  • 株式会社キタイ
  • 共同精版印刷株式会社
  • キリンビール株式会社 奈良支店
  • 近畿大学附属小学校
  • 株式会社クレーる
  • げんき堂整骨院
  • 株式会社広成
  • 株式会社コクブ
  • 佐原自動車株式会社
  • 株式会社サンシーワールド
  • 三馬整形外科
  • 三和住宅株式会社
  • 株式会社ジェオグラフィー
  • 株式会社品川工業所
  • STROBOgraphics
  • 株式会社スペースマイン
  • 曽爾村観光振興公社
  • ダイコー建設株式会社
  • 大同薬品工業株式会社
  • 株式会社高木包装
  • 株式会社タック
  • ディライト株式会社
  • 株式会社電電広告
  • ナテック株式会社
  • 奈良交通株式会社
  • 奈良もちいどのセンター街協同組合
  • 奈良ヤクルト販売株式会社
  • 株式会社南都銀行
  • 医療法人南風会
  • 株式会社日電鉄工所
  • ニチバン株式会社
  • 日本生命保険相互会社奈良
  • 日向整骨院 木津院
  • 株式会社ヒロホールディングス
  • 株式会社フェニックス
  • 株式会社フォトスタジオエル
  • 福井水道工業株式会社
  • 有限会社プレスコントロール
  • マーシュ総研株式会社
  • 株式会社三木ホーム
  • ミ・ナーラ
  • 株式会社未來建設
  • 株式会社明清
  • 税理士法人森田会計事務所
  • 株式会社森村設備
  • 株式会社森脇ビデオ企画
  • 株式会社大和製砥所
  • 吉田機電株式会社
  • LIXIL不動産ショップERAオークホーム
  • 株式会社ルノータス
  • 有限会社ワールドセキュリティーサービス

サポートカンパニー

アカデミーパートナー

  • ヒラノテクシード
  • 株式会社丸産業
  • 株式会社AYUMO

ウォッチサプライヤー

  • 株式会社ルノータス

メディアパートナー

  • FM五條
  • KCN
  • 奈良新聞
  • 奈良テレビ
  • ならどっとFM
  • ぱーぷる
  • 毎日新聞
  • Yomiっこ

リーガルパートナー

  • ディア行政書士法人

メディカルパートナー

  • 医療法人和幸会 阪奈中央病院

インシュアランスパートナー

  • マーシュ総研株式会社