MENU

バンビシャス奈良

BAMBITIOUS NARA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2017-18シーズンB.LEAGUEクラブライセンス判定結果について

2017-18シーズンB.LEAGUEクラブライセンス判定結果について

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、理事長:大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、4月5日(水)開催の理事会において、2017-18シーズンB.LEAGUEクラブライセンス交付(第2回)について、バンビシャス奈良は、下記の通り判定を受けましたのでお知らせいたします。

申請
 2017-18シーズンB1クラブライセンス

判定結果
 2017-18シーズンB2クラブライセンス

判定結果を受けて
 B1クラブライセンスを取得するためには、5,000人以上収容可能なアリーナをホームアリーナとすることが必要です。現状、奈良県内にその規模の施設が無いため、既存施設の立替、又は、新設する必要があります。行政においてもその必要性を共有しておりますが、具体的な計画はまだ進んでいません。荒井知事はメディアのインタビューなどで、「民間投資によるアリーナの建設を希望」と、民設民営を念頭に発言をされています。
バンビシャス奈良でもその方向での検討・準備を行っている段階です。アリーナは、具体的な建設計画が出来た段階で、B1ライセンスの基準を満たせる可能性があるため、バンビシャス奈良ではいち早く具体的なアリーナ建設計画が出来るよう鋭意推進して参ります。今後については、具体的な進展があった段階でご報告して参ります。

今後の課題
 クラブライセンスの審査の過程で、財務基準についてB.LEAGUEより情報提供、経営指導をいただきました。バンビシャス奈良は、B1クラブライセンスの財務基準は満たすものの、現状のB1クラブの経営規模と比較した場合、相当な差がある状況を再確認しました。 B1に昇格しB1クラブと対等に戦って行くには経営規模がまだまだ足りない状況です。 バンビシャス奈良の年間の運営費が2億円を超えたところです。B1クラブは、最低でも4億円を超える規模であり、対等に戦っていく上ではさらにその上を目指さなければいけません。 B1昇格にはB2で勝ちあがることがまず必要ですが、昇格するだけではなく安定してB1で戦っていけるクラブなること、そして、さらにB1での優勝を目指せるクラブになるためには、B1で戦える経営規模も作っていかなければいけません。 まずは、既存のホームアリーナをすべて満員にし、県内の多く方々に応援していただけるクラブになること、そして奈良県内の企業や奈良ゆかりの企業などのご協賛いただける企業の輪を広げていくこと、そしてアリーナの建設を実現し、B1で戦っていけるクラブにしていきます。

参考
 1.クラブライセンス制度の目的 最大の目的は、バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与すること。Bライセンス制度の目的は、クラブを取り締まり、排除することではない。 プロバスケットボールクラブにおける育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的する。 また、財務面では無理な投資を抑制し、ガバナンスを改善させることによって、クラブが社会的に信用され、地域に根付き、永続的に存続できることを目標とする。
2.Bリーグクラブライセンスとは B.LEAGUEのリーグ戦に出場するための資格。B.LEAGUEに参加を希望するクラブは、希望するシーズンの前年11月末までにBリーグに申請を行う必要がある。有効期間は対象シーズンの1年間。継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年申請してライセンスの交付を受けることが条件となる。
3.ライセンスの種類
・B1クラブライセンス
B1リーグ、B2リーグに参加できる資格
・B2クラブライセンス
B2リーグにのみ参加できる資格
143020.jpg

オフィシャルパートナー

トップパートナー

  • ロート製薬

ダイヤモンドパートナー

  • 大和ハウス

プラチナパートナー

  • 株式会社アクラム
  • 株式会社宏和化成工業所
  • 栄運輸工業株式会社
  • 奈良自動車学校
  • 株式会社丸産業
  • 株式会社Real Style

ゴールドパートナー

  • トータルカーサービス キープラフ
  • 医療法人和幸会 阪奈中央病院
  • 株式会社明新社

シルバーパートナー

  • 税理士法人あおば
  • アスカ美装株式会社
  • 株式会社イベント・トゥエンティ・ワン
  • 上柿鉄工建設株式会社
  • 株式会社AKGコーポレーション
  • 株式会社エヌ・アイ・プランニング
  • 株式会社柿の葉すし本舗たなか
  • 株式会社鍜治田工務店
  • キリンビバレッジ株式会社
  • 三和澱粉工業株式会社
  • スケーター株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 大光宣伝株式会社
  • チアポン(株式会社ハッピークラフト)
  • 医療法人冨森会 冨森歯科医院
  • 奈良OAシステム株式会社
  • 奈良県
  • 奈良市
  • 奈良信用金庫
  • 奈良中央信用金庫
  • 奈良中央三菱自動車販売株式会社
  • 株式会社奈良木建
  • 西鉄旅行株式会社
  • 株式会社はじまり屋
  • はらい鍼灸整骨院
  • 株式会社久家
  • ヒューマンヘリテージ株式会社
  • 株式会社ヒラノテクシード
  • 株式会社ブルーオーキッドコンサルティング
  • 株式会社ホットスタッフ奈良
  • 株式会社みどり総合設備
  • 大和信用金庫
  • 株式会社大和農園
  • 株式会社ヨシケイライブリー
  • ROUND MOTOR

パートナー

  • 朝日温泉(有限会社朝日温泉)
  • 旭製粉株式会社
  • イーグル・クランプ株式会社
  • 梅乃宿酒造株式会社
  • エニタイムフィットネス(株式会社Fast Fitness Japan)
  • 株式会社奥村組
  • 革遊び HARUHINO
  • 株式会社キタイ
  • 共同精版印刷株式会社
  • キリンビール株式会社 奈良支店
  • 近畿大学附属小学校
  • 金陽製薬株式会社
  • 株式会社クレーる
  • げんき堂整骨院
  • 株式会社コクブ
  • 佐原自動車株式会社
  • 三馬整形外科
  • 三和住宅株式会社
  • 株式会社ジェオグラフィー
  • 株式会社品川工業所
  • STROBOgraphics
  • 株式会社スペースマイン
  • 曽爾村観光振興公社
  • 大同薬品工業株式会社
  • 株式会社高木包装
  • タツミ工業株式会社
  • 株式会社TAC
  • ディライト株式会社
  • 株式会社電電広告
  • ナテック株式会社
  • 奈良交通株式会社
  • 奈良もちいどのセンター街協同組合
  • 奈良ヤクルト販売株式会社
  • 株式会社南都銀行
  • 医療法人南風会
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社ハヤシ・ニット
  • 日向整骨院 木津院
  • 株式会社ヒロホールディングス
  • 株式会社フェニックス
  • 株式会社フォトスタジオエル
  • 福井水道工業株式会社
  • 福住運輸倉庫株式会社
  • 有限会社プレスコントロール
  • マーシュ総研株式会社
  • 株式会社三木ホーム
  • 株式会社明清
  • 税理士法人森田会計事務所
  • 株式会社森村設備
  • 医療法人友愛会 沢田医院
  • 吉田機電株式会社
  • 株式会社ルノータス
  • 有限会社ワールドセキュリティーサービス

サポートカンパニー

アカデミーパートナー

  • ヒラノテクシード
  • 株式会社丸産業

ウォッチサプライヤー

  • 株式会社ルノータス

メディアパートナー

  • FM五條
  • 奈良新聞
  • 奈良テレビ
  • ならどっとFM
  • ぱーぷる
  • 毎日新聞
  • Yomiっこ

リーガルパートナー

  • ディア行政書士法人

メディカルパートナー

  • 医療法人和幸会 阪奈中央病院

インシュアランスパートナー

  • マーシュ総研株式会社